February 22, 2011 / 5:42 PM / 8 years ago

原油が100ドル超えて推移すれば危機再発の恐れ=IEA事務局長

 [リヤド 22日 ロイター〕 国際エネルギー機関(IEA)の田中伸男事務局長は22日、原油価格が年末まで100ドルを超える水準で推移すれば、世界は2008年の経済危機を再び経験する可能性があると警告した。

 田中事務局長は国際エネルギー・フォーラムでロイターに対し「われわれは状況を非常に懸念している。原油の安定供給に対するリスクだ」と指摘。「年内いっぱい100ドルが続けば、原油価格が経済の重しになっているといえる。08年と同様の危機を招くだろう」と語った。

 そのうえで、原油市場はパニックに陥るべきではないとし、石油輸出国機構(OPEC)は必要に応じ、十分な供給を有していると述べた。

 また、強い需要が続けば、OPECは6月前に増産するべきとの見解を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below