February 28, 2011 / 5:32 AM / 9 years ago

アカデミー賞、「英国王のスピーチ」が作品賞など4冠

 2月27日、第83回米アカデミー賞は「英国王のスピーチ」が作品賞など4冠を達成。写真は同作品で監督賞に輝いたトム・フーパー監督(2011年 ロイター/Gary Hershorn)

 [ロサンゼルス 27日 ロイター] 第83回米アカデミー賞各部門が27日、ロサンゼルスのコダックシアターで発表され、最多12部門にノミネートされた「英国王のスピーチ」が作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞の4部門で受賞した。主演女優賞は「ブラック・スワン」のナタリー・ポートマンが初受賞した。

 「英国王のスピーチ」は、エリザベス英女王の父ジョージ6世が吃音(きつおん)を克服する姿を描いたトム・フーパー監督の作品。主演男優賞に輝いたコリン・ファースは、受賞のステージで「わたしのキャリアは今、ピークに達した」と笑わせた。

 心理スリラー「ブラック・スワン」でバレリーナを演じたポートマンは壇上で涙を流し、家族や共演者、同作品のダーレン・アロノフスキー監督に感謝の意を表した。

 また、ボクサーの伝記映画「ザ・ファイター」で共演したクリスチャン・ベールとメリッサ・レオが、助演男優賞と助演女優賞をダブル受賞。渡辺謙が出演した「インセプション」は撮影賞、録音賞、音響編集賞、視覚効果賞の4部門を獲得した。

 このほか、会員制交流サイト(SNS)フェイスブックの創業秘話を描いた「ソーシャル・ネットワーク」は脚色賞と編集賞、作曲賞を獲得し、長編アニメ賞は米ウォルト・ディズニー傘下ピクサーの「トイ・ストーリー3」が受賞した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below