for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

最終飛行のディスカバリーが帰還、27年の任務終え退役

 3月9日、スペースシャトル「ディスカバリー」がフロリダ州ケネディ宇宙センターに帰還し、初飛行から27年間に及んだ任務を終了した。代表撮影(2011年 ロイター)

 [ケープカナベラル(米フロリダ州) 9日 ロイター] 米航空宇宙局(NASA)のスペースシャトル「ディスカバリー」が米東部時間9日午前11時57分(日本時間10日午前1時57分)、フロリダ州ケネディ宇宙センターに帰還し、初飛行から27年間に及んだ任務を終了した。

 ディスカバリーは1984年から39回にわたって飛行し、軌道飛行が通算365日、飛行距離は2億3800万キロに上った。管制塔からディスカバリーと交信したチャーリー・ホーバー飛行士は、「素晴らしい仕事だった」とスティーブン・リンゼイ船長と乗組員らをねぎらった。

 ディスカバリーは現役3機のうち最初に退役し、今後はワシントンにある国立航空宇宙博物館で展示される予定。残りの2機については「エンデバー」が4月、「アトランティス」は6月に最終飛行を行うことになっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up