March 23, 2011 / 12:12 AM / 8 years ago

シロクマのクヌート、死因は脳疾患の可能性=独動物園

 [ベルリン 22日 ロイター] ドイツのベルリン動物園は22日、19日に4歳で急死したシロクマのクヌートについて、脳に疾患があったことが解剖で判明したと明らかにした。

 3月22日、独ベルリン動物園は19日に4歳で急死したシロクマのクヌートについて、脳に疾患があったことが解剖で判明したと明らかにした。同動物園で21日撮影(2011年 ロイター/Tobias Schwarz)

 動物園は発表で、「初期の解剖結果で脳に重大な異常が見つかり、それが急死の原因になったとみられる」と説明。詳しい死因については今後数日かけて調べられ、最終的な結果がまとまれば、直ちに発表されるという。

 母親に育児放棄され、飼育員によって育てられたクヌートは、その愛らしい姿から世界中で人気を集め、大勢のファンが飼育員と遊ぶクヌートを一目見ようと同動物園を訪れた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below