April 1, 2011 / 8:40 PM / in 8 years

米FRBによる年内利上げ、可能性ある=フィラデルフィア連銀総裁

 4月1日、米フィラデルフィア地区連銀のプロッサー総裁は、FRBが年内に利上げを行う可能性はあるとの見方を表明。写真はワシントンのFRB。2009年12月撮影(2011年 ロイター/Hyungwon Kang)

 [ハリスバーグ(米ペンシルバニア州) 1日 ロイター] 米フィラデルフィア地区連銀のプロッサー総裁は1日、向こう数カ月の経済動向次第で、米連邦準備理事会(FRB)が年内利上げを行う可能性はあるとの考えを示した。

 総裁は講演で「私見では、確実にあり得る。だがそれは、私個人の考えでは、今後数カ月の状況による」と指摘した。

 「経済が引き続きトレンドを上回って成長するとともに、インフレが加速し始め、インフレ期待も上昇に向かうようなら、個人的には適切な政策対応を取ることが妥当だと考える」と述べた。

 政策転換の時期については、具体的に言及しなかった。ただ、緩和策の変更は米経済のリセッション(景気後退)脱却が明白になる前に行われる、との見方を示した。

 また総裁は、低インフレを維持することがFRBの最優先課題であり、FRBの政策が後手に回っていないか「慎重に注視している」と述べた。

 信頼性を高めるためにFRBが総合インフレ率を2年間、2%程度に維持すると約束することを提唱した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below