April 5, 2011 / 6:57 AM / 8 years ago

難逃れた石巻の「自由の女神」、復興目指す被災地見守る

 4月5日、東日本大震災の大津波で壊滅的な被害を受けた宮城県石巻市で、復興を目指す町並みを見つめている「自由の女神像」(2011年 ロイター/Carlos Barria)

 [石巻(宮城県) 5日 ロイター] 東日本大震災の大津波で壊滅的な被害を受けた宮城県石巻市で、難を逃れた「自由の女神像」が復興を目指す町並みを見つめている。

 「中瀬マリンパーク」内にあるこの像は、公式サイトによると、公園のシンボルとして建てられ、航行の安全と公園を訪れる人々の安全を見守っていたという。

 大震災の死者は5日午前10時の警察庁のまとめで1万2321人、うち宮城県の死者は7530人。警察に届けられた行方不明者は6県で1万5347人に上っている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below