April 11, 2011 / 2:54 AM / in 8 years

カダフィ大佐、停戦に向けたロードマップを受け入れ=アフリカ連合

 4月11日、アフリカ連合は、リビアの最高指導者カダフィ大佐(写真)が停戦に向けたロードマップを受け入れたと明らかにした。昨年11月、トリポリで撮影(2011年 ロイター/Francois Lenoir)

 [トリポリ 11日 ロイター] アフリカ連合(AU)は11日、リビアの最高指導者カダフィ大佐が停戦に向けたロードマップを受け入れたと明らかにした。それには即時停戦も含まれるという。

 AUの代表団はリビア問題の解決のため、トリポリを訪問していた。協議では、カダフィ大佐の退陣についても議論されたとしている。

 代表団を率いた南アフリカのズマ大統領は先に、北大西洋条約機構(NATO)に対し、リビア政府に「停戦のチャンスを与える」ため、政府側への空爆を中止するよう求めていた。

 これに関するNATO当局者のコメントは得られていない。

 AUのラマンラ安全保障委員は「この問題について話し合いが行われたが、詳細についてはまだ明らかにできない」として、民主的に指導者を選ぶのはリビア国民だ、と述べた。

 ズマ・南ア大統領は他のアフリカ4カ国首脳と共に、数時間にわたってカダフィ大佐と会談。ズマ大統領は「カダフィ大佐側の代表団はわれわれが提示したロードマップを受け入れた。われわれは停戦のチャンスを与えなければならない」と述べた。

 その後、AUの代表団は反政府側と会談するため、東部のベンガジへ向かった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below