April 22, 2011 / 4:35 AM / 8 years ago

南三陸町の医師と南相馬市長、タイム誌「世界の100人」に

 [ニューヨーク 21日 ロイター] 米誌タイムが21日発表した毎年恒例の「世界で最も影響力のある100人」に、東日本大震災に見舞われた宮城県南三陸町の病院で患者の避難や治療に尽力した医師の菅野武さんと、福島第1原発事故での政府の対応を「ユーチューブ」で批判した福島県南相馬市の桜井勝延市長が選ばれた。

 また、大きな事件前には無名だった人物としては、ムバラク前大統領の退陣につながったエジプトの政変で大きな役割を果たしたワエル・ゴニム氏も選出されている。

 世界の政治家では、キャメロン英首相やサルコジ仏大統領、メルケル独首相のほか、ブラジル初の女性元首となったルセフ大統領、北朝鮮の金正日総書記の後継者である金正恩氏も選ばれた。

 このほか、4月29日にロイヤルウェディングを控えるウィリアム英王子とケイト・ミドルトンさん、内部文書公開サイト「ウィキリークス」の創設者ジュリアン・アサンジ氏、スポーツ界からはサッカーのアルゼンチン代表リオネル・メッシ選手、音楽関係ではカナダ出身の人気ポップ歌手ジャスティン・ビーバーさんや韓国のピ(RAIN)さんが「世界の100人」に入っている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below