April 26, 2011 / 12:40 PM / 9 years ago

ソニー、タブレット端末を今秋から世界で発売へ

 4月26日、ソニーの鈴木SVPは「ソニータブレット」の発売時期について「部品調達の影響を含めて秋以降とした」と述べた。写真は都内で行われた発表会で撮影(2011年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

 [東京 26日 ロイター] ソニー(6758.T)は26日、グーグル(GOOG.O)のアンドロイド3.0を搭載したタブレット端末「ソニータブレット」2機種を発売すると発表した。9.4型の大型画面を搭載した「S1」に加え、5.5型画面を2枚搭載し、折りたたみ可能な「S2」の2機種。いずれも2011年秋以降に世界各国で順次発売する予定。

 大画面のS1に対して、小型のS2は2画面折りたたみで胸ポケットに入る携帯性を重視。S2は2つの画面を合わせることで大画面の利便性も確保できるとしている。3G通信とWiFiを搭載してインターネットやメールができる。この他、1)ソニーのオンラインサービス「Qriocity(キュリオシティ)」を搭載して音楽・映画を提供、2)ソニーのゲーム機「プレイステーション」のソフトをアンドロイド端末に提供する「プレイステーションスイート」に対応、3)ソニーの電子書籍「リーダー」のオンライン書店が利用できるブラウザを搭載――して、ソニーのコンテンツを利用できるようにした。

 さらに、2機種とも、タブレットに保存している写真や動画をテレビで写したり、音楽をワイヤレススピーカーに出力するなどAV機器との連携を打ち出した。特にS2には赤外線機能を付け、テレビなどAV機器のリモコンとしても使えるようにした。

 米アップル(AAPL.O)の「iPad(アイパッド)」に対抗し、世界的に広がるタブレット端末の市場で存在感を確保する考え。アイパッドは昨年4月の発売以来、全世界で3月末までに約1950万台を販売した。

 <発売時期は競合より数カ月遅れ>

 ソニータブレットの責任者である鈴木国正業務執行役員SVPはロイターなどの取材に対し、発売時期が秋になったことについて「アンドロイド3.0のOSを搭載する他社よりも数カ月遅れるが、OSを乗せて出すだけならすぐに出せる。独自性あるものを出すために、遅れはやむを得ないと判断した」と語った。また東日本大震災に伴う部品不足の影響も考慮して発売時期を判断したことを明らかにした上で、「秋以降には、世界で国を選びながら発売できる」とした。

 また鈴木SVPは、アンドロイド搭載のタブレット端末を発売することで「アンドロイド陣営としてアップルの対抗軸を作りたい」と述べた。さらに2012年末までに「グーグル陣営で1番になる」との意向を示した。

 米調査会社ガートナーによると、10年の全世界のタブレット端末の市場シェアは、アイパッドが約84%に上り、アンドロイド端末は約14%にとどまった。ガートナーは、11年もアイパッドが約69%に対してアンドロイドが約20%、12年もアイパッドが約64%に対してアンドロイドが約24%の比率で推移し、タブレット端末の市場では15年までアップルの支配が続くと予測している。

  (ロイターニュース 村井 令二;編集 山川 薫)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below