April 27, 2011 / 1:06 AM / 8 years ago

再送:ソニーPSに不正アクセス、7700万人の情報流出の可能性

*1段落目と写真キャプションの余分な表記を除いて再送します。 4月26日、米ソニー・エレクトロニクスは、「プレイステーション」のネットワークに不正アクセスがあったことを明らかにした。都内の家電店で昨年10月撮影(2011年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

 [ニューヨーク/ボストン 26日 ロイター] ソニー(6758.T)傘下の米ソニー・エレクトロニクスは26日、「プレイステーション」のネットワークに不正アクセスがあったことを明らかにした。約7700万人のユーザー情報が流出した可能性がある。

 「権限を持たない人物」がプレイステーション・ネットワーク(PSN)ユーザーの名前、住所、電子メールアドレス、誕生日、ユーザー名、パスワード、ログイン情報などを入手した。同社は、クレジットカード情報が流出した証拠はないとしつつも、可能性は排除できないとしてユーザーに詐欺への警戒を呼び掛けている。

 同社はPSNとキュリオシティ(Qriocity)サービス利用者のアカウント情報は4月17─19日の間に盗まれたと説明。4月19日にユーザーの個人情報の流出を知り、ネットワークサービスをすぐに停止した。一部のネットワークサービスは1週間以内に再開できるとしている。情報流出の事実は26日まで明らかにしなかった。 

 SANSインスティチュートの調査ディレクター、アラン・パラー氏にると、個人情報のデータ流出としては過去最大となる可能性があるとの見方を示した。

 ウェドブッシュ・セキュリティーズのアナリスト、マイケル・パッチャー氏は、このサービスの年間売上高は5億ドルと推計、「ハッカーが不正に得た情報をどう利用するかがソニーにとって大きな問題だ」と述べた。

 ソニーは情報流出を調査するため、外部のセキュリティ会社と契約した。

 PSNは2006年秋に開始。広報担当者によると3月20日現在で7700万人が登録している。

*1段落目と写真キャプションの余分な表記を除いて再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below