April 28, 2011 / 3:21 PM / 8 years ago

米新規失業保険申請、予想外に増加

 4月28日、米新規失業保険週間申請件数は前週比2万5000件増の42万9000件と、市場予想に反し増加した。写真は09年7月ボストンの雇用サービス所で撮影(2011年 ロイター/Brian Snyder)

 [ワシントン 28日 ロイター] 米労働省が発表した23日までの新規失業保険週間申請件数(季節調整済み)は、前週比2万5000件増の42万9000件と、1月以来の高水準となった。

 ロイターがまとめたエコノミスト予想は39万2000件だった。

 前週分は40万3000件から40万4000件に修正された。 

 カボット・マネー・マネジメントのポートフォリオ・マネジャー、ウィリアム・ラーキン氏は「新規失業保険申請件数は心理的な節目となる40万件を再び超えて推移している」と指摘。「最近まで良好なトレンドとなっていたが、抵抗線に突き当たっているようで、雇用回復に関し疑問を投げかける格好となった」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below