Reuters logo
米経済、失業率低下により速いペースの成長必要=CEA委員長
2011年4月28日 / 15:41 / 7年後

米経済、失業率低下により速いペースの成長必要=CEA委員長

 [ワシントン 28日 ロイター] 米大統領経済諮問委員会(CEA)のグールズビー委員長は28日、第1・四半期の国内総生産(GDP)統計の発表を受け、経済が引き続き成長していることには「勇気付けられる」が、失業率押し下げにはより速いペースでの成長が必要、との考えを示した。

 委員長は声明で「成長が継続していることには勇気付けられるが、景気後退期に失われた雇用を取り戻すためには、より速いペースでの成長が必要なことは明らか」と述べた。

同日発表された第1・四半期の米国内総生産(GDP)速報値は、年率換算で前期比1.8%増となり、第4・四半期(確報値)の同3.1%増から伸びが鈍化した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below