April 29, 2011 / 11:26 PM / 9 years ago

マイクロソフト株が急落、ウィンドウズ部門の不振嫌気

 4月29日、米株式市場でマイクロソフトの株価が一時4%安となり、2009年7月以来の下げ幅を記録した。ハノーバーで2月撮影(2011年 ロイター/Tobias Schwarz)

 [シアトル 29日 ロイター] 29日の米株式市場でマイクロソフト(MSFT.O)の株価が一時4%安となり、2009年7月以来の下げ幅を記録した。基本ソフトウエア(OS)「ウィンドウズ」部門の不振が嫌気された。

 終値は2.96%安の25.92ドル。

 同社が28日発表した1─3月期決算は売上高が予想を上回った。しかしパソコン(PC)販売の落ち込みや、粗利益率の低下、オンライン部門の赤字を投資家は懸念している。

 UBSのアナリストは、長期的にPC関連部門がタブレット型端末に圧迫される可能性があるとして、マイクロソフトの目標株価を35ドルから32ドルに引き下げた。

 オプションズ・エクスプレスのシニア市場アナリスト、ジョー・キュージック氏はマイクロソフトの決算が好調だったとしても、サムスン電子(005930.KS)やモトローラ(MMI.N)のタブレット型端末やモバイル機器と競争していけるかどうかは不透明と指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below