May 2, 2011 / 6:12 AM / 8 years ago

原油先物が1%下落、ビンラディン容疑者殺害を受け

 [シンガポール 2日 ロイター] 2日のアジア市場で原油先物相場が1%下落している。オバマ米大統領が、アルカイダ指導者ウサマ・ビンラディン容疑者の殺害を発表したことが背景。

 0413GMT(日本時間午後1時13分)時点で、北海ブレント原油先物6月限は0.78ドル安の1バレル=125.11ドル。一時は124.65ドルまで下げた。

 米原油先物は0.95ドル安の112.98ドル。 

 市場では、リビアなど中東・北アフリカ情勢を背景とするリスクプレミアムがはく落するかに関心が集まっている。

 ソシエテ・ジェネラルの商品ストラテジスト、ジェレミー・フリセン氏は「アルカイダは地政学リスクの一因になっていたため、おそらく当初は条件反射的な売りが出るだろう」と指摘。

 週内にニュースのインパクトが薄れる可能性があるとの見方も示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below