May 3, 2011 / 7:00 AM / 8 years ago

ビンラディン容疑者「生け捕り」の可能性、ほとんどなかった=米政府

 5月2日、ブレナン米大統領補佐官は、ビンラディン容疑者の殺害について、同容疑者が抵抗しなければ生かしたまま捕らえることは可能だったとしながらも、その可能性はほとんどなかったと述べた(2011年 ロイター/Kevin Lamarque)

 [ワシントン 2日 ロイター] ブレナン米大統領補佐官(テロ対策担当)は2日の記者会見で、ウサマ・ビンラディン容疑者の殺害について、同容疑者が抵抗しなければ生かしたまま捕らえることは可能だったとしながらも、その可能性はほとんどなかったと述べた。

 同補佐官は、「ビンラディン容疑者が抵抗することが懸念されていたが、実際に彼は抵抗した。銃撃戦となり、(同容疑者は)殺害された」と経緯を説明した。

 事情に詳しい複数の政府当局者によると、作戦は米海軍特殊部隊のメンバーを中心とした約15人の部隊によって遂行されたという。また別の政府当局者の話では、40分に及ぶ戦闘で部隊はビンラディン容疑者の胸と頭を銃撃し殺害。同容疑者は応戦しなかったという。

 またある当局者によると、この作戦により、ビンラディン容疑者のほかに男性3人、女性1人が死亡。当初、死亡した女性は同容疑者の妻の一人で、同容疑者の「人間の盾」になったとされていたが、この妻はけがを負ったが生存しており、また死亡した女性が「人間の盾」にされたことも訂正されたという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below