for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スペイン南部でM5.3の地震、建物倒壊などで10人死亡

 5月11日、スペイン南部で、マグニチュード5.3の地震があり、住宅や教会などが倒壊するなどして、少なくとも10人が死亡した(2011年 ロイター/Francisco Bonilla)

 [マドリード 11日 ロイター] スペイン南部ムルシア地方で11日午後6時47分(日本時間12日午前1時47分)ごろ、マグニチュード(M)5.3の地震があり、住宅や教会などが倒壊するなどして、少なくとも10人が死亡した。

 ムルシアの当局者は国営ラジオに対し、「(同地方の)ロルカ中心部全体が深刻な被害を受けた。市民は自宅に戻ることを非常に恐れている」と語った。

 現地からのテレビ映像によると、町の広場に複数の家族らが集まり、れんがやがれきが道路を覆う中、建物の倒壊から身を守っていた。

 国営ラジオに答えたある女性は、「ここに座っていたら、すべてのものが動き始めた。絵は壁から落ち、テレビは倒れ、(揺れは)長い間続いた。窓から外を見ると、たくさんの人が逃げ出し、救急車や警察もいた」と振り返った。

 米地質調査所(USGS)によると、震源の深さは1キロメートル。ロルカではこれより先にマグニチュード4.5の地震が発生していた。

 今回の地震による被災者は約1万人とみられ、スペイン政府は軍兵士200人を現地に派遣した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up