May 12, 2011 / 10:06 PM / 8 years ago

米下院議員がGSE改革法案、民間企業設立しMBS政府保証

 [ワシントン 12日 ロイター] 米下院のキャンベル議員(共和党、カリフォルニア州)とピーターズ議員(民主党、ミシガン州)は12日、政府系住宅金融機関(GSE)の改革法案を提出した。新たに設立する民間企業が発行するモーゲージ担保証券(MBS)に政府保証を付与するすることなどが柱。

 両議員は、連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)と連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)に代わり、MBSを発行する比較的小規模の民間企業を複数創設することを提案している。政府は有料でこれらのMBSに保証を提供する。

 オバマ米政権は2月、ファニーメイとフレディマックの将来について、完全に廃止する案から政府保証付き証券を発行する民間企業に置き換える案まで3つの選択肢を挙げたが、その後、いずれのシナリオへの支持も公に示していない。

 キャンベル・ピーターズ両議員の案はこの3つ目の選択肢に最も近い。いずれの選択肢も現行よりはモーゲージ市場における政府の役割を縮小することになるが、3つ目の選択肢は他の2つに比べて政府関与が最も大きい。

 両議員は、ファニーメイとフレディマックに代わる企業を少なくとも2社設立した後、3年以内に両社を閉鎖することを提案している。新たな枠組み設置の期限は設定していない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below