May 18, 2011 / 6:16 AM / 8 years ago

フランスの「スパイダーマン」危機一髪、命綱で助かる

 5月17日、「スパイダーマン」の異名を取るフランス人のアラン・ロベール氏が、トルコのイスタンブールにある「サファイア・タワー」を登った(2011年 ロイター/Osman Orsal)

 [イスタンブール 17日 ロイター] 世界各地の高層建築に素手でよじ登ることから「スパイダーマン」の異名を取るフランス人、アラン・ロベール氏(49)が17日、トルコのイスタンブールにある「サファイア・タワー」(高さ261メートル)の登頂に成功した。登頂にかかった時間は1時間50分だった。

 同タワーの招待で登頂に挑戦したロベール氏は、この日は命綱を装着。スタートから順調に上っていたが、途中で滑ってしまい、命綱に助けられる場面もあった。

 ロベール氏は登頂後の会見で、頂点まで残り15メートルの場所で溝に油があったとし、右足を踏み込むことができなかったと明らかにした。また「(登っている最中に)これ以上スペースがなくなったら、もう上がれなくなると思った。自分はスパイダーマンではないから」と笑いながらコメントした。

 同氏がこれまでに登頂した高層建物は、パリのエッフェル塔やマレーシアのペトロナスタワーなど世界で80カ所以上。最近ではアラブ首長国連邦(UAE)のドバイにある世界一の高層ビル「ブルジュ・ハリファ」(828メートル)を制覇した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below