June 2, 2011 / 9:58 PM / 9 years ago

商品価格、中国経済冷え込みで最大60%下落も=S&P

 6月2日、S&Pは、中国経済が急激に冷え込んだ場合、コモディティ価格が40─60%程度下落するとの試算を示した。チリのエスペランサ銅山で3月撮影(2011年 ロイター/Ivan Alvarado)

 [ロンドン 2日 ロイター] スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は2日、中国経済が急激に冷え込んだ場合、各種商品(コモディティ)価格は40─60%程度下落するとの試算を示した。

 S&Pは中国経済の急激な冷え込みは予想していないとしながらも、実際に冷え込んだ場合、銅価格は現在の1ポンド=4.10ドルから1.50─1.75ドルに、鉄鉱石価格は1トン=170─175ドルから85─95ドルに下落すると試算した。

 S&Pは「中国は向こう数年は高成長を維持するとみている。ただ、ある時点で成長減速が一段と顕著になる可能性もあるとみている」との見方を示した。

 商品価格の上昇については「持続不可能なバブル」の様相を呈している可能性もあると警告。「現在の市場環境がバブルの様相を呈している場合、中国、および他の新興国における成長の急激な鈍化、もしくは景気悪化により、バブル崩壊が起きる恐れがある」とした。

 S&Pは他の商品については、アルミニウム価格は1ポンド=1.20ドルから0.65─0.70ドルに、鉄鋼製品の熱延コイルは1トン=750─760ドルから475─525ドルに下落すると試算している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below