June 15, 2011 / 6:41 AM / in 8 years

世界の投資家のリスク回避姿勢強まる、日本株は敬遠=バンカメ調査

 6月15日、バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチが発表した6月のファンドマネジャー調査によると、世界の投資家のリスク許容度を示すRisk& Liquidityが過去10年の平均以下になった。写真はフランクフルト証券取引所。14日撮影(2011年 ロイター/Cyril Iordansky)

 [東京/ロンドン 15日 ロイター] バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチが14日発表した6月のファンドマネジャー調査によると、世界の投資家のリスク許容度を示すRisk& Liquidityが過去10年の平均以下になり、投資家のリスク回避姿勢が強まっている。また日本株は最もオーバーウエートしたくない市場となった。

 調査によると、世界の投資家のリスク許容度を示すRisk& Liquidity指標は45%から38%に低下、過去10年の平均以下を記録した。世界の投資家はQE2後の世界に怯えているようだ、という。

 資産配分では、ネット・オーバーウエート(オーバーウエートからアンダーウエートを差し引いた割合)は株式が27%となり、前月の41%から大きく低下。商品も12%から6%に半減した。一方で債券はマイナス44%がマイナス35%に、現金が6%から18%に高まった。現金のウエートは、日米の中央銀行が金融緩和を行う以前の昨年9月の水準に上昇した。

 一方、日本株を最もオーバーウエートしたい世界の投資家は(アンダーウエートを引いたネット)、5月のマイナス13%から6月はマイナス10%に改善したが、前回最下位だったユーロ株がマイナス16%からマイナス7%に大幅に改善したため、日本株は最もオーバーウエートしたくない市場に転落した。世界の投資家の日本株ポジションはマイナス17%からマイナス22%と、アンダーウエートが拡大した。

 最もオーバーウエートしたい市場となったのは新興国で22%。前月は16%だった。前回1位だった米国株は17%から7%に人気が急減した。新興国で最も人気が高いのはロシアで、ネットのオーバーウエートは前月の53%から67%に上昇した。中国株は前月の58%から33%へとほぼ半分の水準に低下し、2月以来で最低となった。中国の経済成長が鈍化するとの懸念が強まったため。インドはネットのアンダーウエートが前月の47%から20%に縮小した。

 バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチのグローバルエクイティ・ストラテジスト、マイケル・ペン氏はロイターに対して「中国に関する見方は急速に悪化しており、ハードランディングするとの予測が増えている」と述べた。

 調査は6月3日から9日に実施。対象はファンドマネジャー282人で、運用資産総額は8280億ドル。

 (ロイターニュース 岩崎 成子)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below