June 16, 2011 / 4:28 AM / 8 years ago

サッカー=八百長スキャンダルのモッジ氏が永久追放に

 6月15日、イタリア・サッカー協会は2006年に発覚した八百長スキャンダルに関与したユベントスの元GM、ルチアーノ・モッジ氏を永久追放処分とすることを発表。2008年3月撮影(2011年 ロイター/Alessandro Bianchi)

 [ミラノ 15日 ロイター] イタリア・サッカー協会(FIGC)は15日、2006年に発覚したイタリア・セリエAの八百長スキャンダルに関与したユベントスの元GM、ルチアーノ・モッジ氏を同国のサッカー界から永久追放処分とすることを発表した。

 ユベントスが2005年と2006年の優勝タイトルを剥奪され、セリエBへの降格処分を受けた八百長スキャンダル。当時ユベントスのGMを務めていたモッジ氏は、5年間の活動停止処分を受けていたが、処分満了日が迫るなかでFIGCは同氏の永久追放を決めた。

 モッジ氏と共にユベントスのディレクターを務めていたアントニオ・ジラウド氏も、永久追放処分を受けている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below