June 20, 2011 / 12:56 PM / 8 years ago

ロイターサミット:スパークスG、不動産投資の再建ファンド立ち上げ=社長

 [東京 20日 ロイター] スパークス・グループ8739.OSの阿部修平社長は20日、東北地方に建設予定の宿泊施設など不動産に投資する「再建ファンド」を今年7月に立ち上げる計画を明らかにした。ホテルなど宿泊施設を運営する事業者と提携し、新たに建設される施設などに投資する私募ファンドで、500万─1000万ドルの規模でスタートし、半年から1年以内に10倍に拡大する狙い。「ロイター日本再生サミット」で語った。

 6月20日、スパークス・グループの阿部修平社長は、東北地方の不動産に投資する「再建ファンド」を今年7月に立ち上げる計画を明らかに。都内で開催された「ロイター日本再生サミット」で(2011年 ロイター/Toru Hanai)

 ファンド設立の目的について、阿部社長は、東日本大震災で被災した東北地方では多くの被災者や復興作業に携わる人の宿泊施設が非常に不足していると指摘。「投資家として資金提供の形で援助すれば被災地に役立てる」と述べるとともに、投資のリターンも「15%以上を期待している」と語った。  

 ファンドの詳細なしくみについては言及を控えたが、「海外投資家にも投資のチャンスを提供したい」考え。同社長は「復興中心のファンドを7月以降、継続的にやっていきたい」と述べ、ファンドの規模は1年以内に合計で5000万─1億ドルに拡大したいとの意向を示した。そのうえで「潜在的には大きくなりうるが、土地を確保できるかが問題」と語った。 

 阿部社長によると、中国などアジアの企業は日本の震災後の復興需要に強い関心を持っており、投資先として予定している宿泊施設にも中国企業の製品が採用される見通し。

 <韓国ビジネスを楽観視>

 スパークスはもともと日本株の運用に特化していたが、5月末現在では、韓国で買収したコスモ・インベストメント・マネジメントの運用残高が3165億円と、グループ全体の残高6580億円の約半分を占める。阿部社長によると、韓国での成長加速に向け、公募投信の免許を申請しており、近く取得できる見込み。年内または来年年初には公募投信市場に参入する予定という。 

 「韓国に対しては非常に楽観的。マーケットの状況にもよるが、今後1年間で(残高を)500─1000億円拡大できると思う」と述べ、結果として、グループ全体の残高も今後1年間で15%程度の拡大が可能との見方を示した。 

 グループCIO(最高運用責任者)も務める阿部社長は、日本株については「年末にかけ割安が是正される」との見通しを示した。震災後には被災しなかった企業も含め日本株全体が売り込まれたが、当初予想に比べ、企業の生産回復スピードが早いことなどから、年後半にかけ、収益の改善基調などを市場が織り込むとみているため。具体的な水準としては、年末にかけて日経平均が震災前の1万1000円前後の水準に回復することを念頭に置いていると語った。

 ロイターサミットは、ロイター編集局が世界各地で行っている報道イベントで、時々のタイムリーなテーマについて各地のオピニオンリーダーを連続インタビューし、その内容を記事、写真、映像で世界各地に配信している。今回は6月20日から22日まで、日本だけでなく世界にとっても重要な東日本大震災からの復興策をテーマに「ロイター日本再生サミット」として開催している。

 (ロイターニュース 大林優香 程近文)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below