June 21, 2011 / 12:51 AM / 8 years ago

チュニジア前大統領に禁錮35年、「自分は策略の犠牲者」

 6月20日、チュニジアの裁判所は、1月の政変で退陣に追い込まれ、サウジアラビアに逃れたベンアリ前大統領とレイラ夫人に対し、公金横領など罪で禁錮35年の有罪判決を下した(2011年 ロイター/Zoubeir Souissi)

 [チュニス 20日 ロイター] チュニジアの裁判所は20日、1月の政変で退陣に追い込まれ、サウジアラビアに逃れたベンアリ前大統領とレイラ夫人に対し、公金横領など罪で禁錮35年の有罪判決を下した。審理はわずか1日で終了し、被告不在のまま判決が言い渡された。

 ベンアリ前大統領はチュニジアで23年にわたり独裁体制を敷いていたが、反政府デモにより1月に政権崩壊し、その後サウジアラビアに逃れていた。同国のデモはエジプトなど周辺のアラブ諸国に波及し、各国で政変を引き起こした。

 ベンアリ前大統領は、弁護士が明らかにした声明で、嫌疑をすべて否定し、自分が政治的策略の犠牲者だと主張。また、意思に反して国外に脱出するよう仕向けられたと訴えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below