June 27, 2011 / 5:25 AM / 7 years ago

ユーロから離脱する国がいずれ出てくる=著名投資家ソロス氏

 [ウィーン 26日 ロイター] 米著名投資家ジョージ・ソロス氏は26日、ユーロから離脱する国がいずれ出てくる、との見方を示したうえで、欧州連合(EU)を経済崩壊から救うには「プランB」が必要、と述べた。ユーロから離脱する可能性のある国は特定しなかった。

 パネルディスカッションで述べた。同氏は、ユーロには政治的な統合や統一の国庫という裏付けがなく、もともと根本的な欠陥がある、との認識をあらためて示したうえで「ユーロからの離脱に関する取り決めもないが、現在の状況では(ユーロ離脱は)おそらく不可避」と述べた。 

 ソロス氏は、EUの存続は「全員にとって重大な利益」としつつ、分裂のプロセスをとめるには、EUは構造改革が必要との見方を示した。

 同氏は「現時点ではプランBはない。プランBがないために、当局は現状維持に奔走し、既存の枠組みの保持にこだわっている」と述べた。

 同氏は、一部周辺国の債務危機でEUの結束が試されるなか、問題是正のための措置を今、導入しなければならないと強調。「われわれは経済崩壊の瀬戸際にある。発端はギリシャだが、容易に波及する可能性がある。金融システムは依然として極めてぜい弱だ」との見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below