July 2, 2011 / 2:18 AM / 7 years ago

テニス=シャラポワは決勝で苦戦か、ナブラチロワが予想

 [ロンドン 1日 ロイター] テニスの四大大会の今季第3戦、ウィンブルドン選手権の女子シングルス決勝を2日に控え、同大会のシングルスとダブルスで合計20回優勝の実績を持つマルチナ・ナブラチロワさん(米国)が試合の展開を予想した。

 7月1日、テニスのウィンブルドン選手権の女子シングルス決勝を前に、マルチナ・ナブラチロワさんがマリア・シャラポワ(写真)の苦戦を予想した(2011年 ロイター/Stefan Wermuth)

 世界ランク6位のマリア・シャラポワ(ロシア)と相対するペトラ・クビトバ(チェコ)は同8位だが、左打ちの強烈なサーブが武器。左打ちの名選手の1人としてテニス史に名を残し、チェコ生まれでもあるナブラチロワさんは、クビトバが通算2回目の優勝を狙うシャラポワに苦戦を強いる可能性があると指摘している。

 ナブラチロワさんは、「クビトバのほうがサービスゲームを楽にキープできると思う。シャラポワに先手を打てるのではないか」と予想。

 その根拠として、芝の上だと左打ち特有のスピンサーブが有利になることを挙げ、今大会のクビトバが左打ちの長所をフルに生かしていると説明した。

 さらに、ナブラチロワさんは両者の実力を互角と評し、打ち合いになればシャラポワの力がやや上回るが、結局は両者のサーブの出来が勝負の行方を決めるだろうと話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below