July 12, 2011 / 2:37 AM / in 9 years

米自動車販売店の顧客満足度、レクサスは2位=調査

 7月11日、米調査会社による自動車ディーラーの顧客サービスに関する覆面調査で、メルセデス・ベンツが3年連続で1位となり、レクサスは2位タイに。都内のショールームで昨年7月撮影(2011年 ロイター/Issei Kato)

 [デトロイト 11日 ロイター] 米調査会社パイド・パイパーが実施した自動車ディーラーの顧客サービスに関する覆面調査では、独ダイムラー(DAIGn.DE)の高級車ブランド「メルセデス・ベンツ」が3年連続で1位となった。2位は印タタ・モーターズ(TAMO.NS)傘下の「ジャガー」とトヨタ自動車(7203.T)の「レクサス」が並んだ。

 米国の高級車市場は今年、東日本大震災による生産への影響でレクサスが販売台数を落とすなか、メルセデス・ベンツと独BMW(BMWG.DE)が首位争いで接戦を繰り広げている。

 パイド・パイパーは、覆面調査員3524人を全米各地の自動車ディーラーに派遣し、販売員がどう説明するかなど顧客への接し方を調査。大衆車ブランド部門ではトヨタと、伊フィアットFIA.MI傘下クライスラーのピックアップトラック「ラム」が1位となっている。

 同社のフラン・オハーゲン最高経営責任者(CEO)は、結果にばらつきは見られるものの、顧客満足度が低いディーラーは、1店舗当たりの販売台数も少ないと指摘。調査では、三菱自動車工業(7211.T)とスズキ(7269.T)の一部ブランドが低い評価となり、高級車部門では米フォード(F.N)の「リンカーン」がワースト1位となっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below