July 13, 2011 / 8:04 PM / 8 years ago

中国、米コノコ側に渤海油田での生産停止指示 原油流出事故で対応遅いと批判

 [北京 13日 ロイター] 中国国家海洋局は、中国山東省沖の渤海にある「蓬莱19─3」油田で発生した原油流出事故に関連し、生産作業を担当している米石油大手コノコフィリップス(COP.N)側に対し、除去作業の進展が遅いとして、油田2カ所での生産停止を指示した。

 ウェブサイト(www.soa.gov.cn)上の声明で、「コノコによる措置はこれまでのところ、大半が一時的かつ応急的で、原油流出のリスクを完全に排除し得ない」と指摘。原油流出は過去数日間、依然継続していると述べた。

 同当局は前週、同油田2カ所で、それぞれ6月4日と17日に原油が漏れ出し、周辺海域840平方キロメートルが汚染されたと発表している。同油田は中国海洋石油(CNOOC)(0883.HK)とコノコフィリップスの中国現地法人が共同で開発。CNOOCが権益の51%、コノコフィリップス側が49%を保有している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below