July 21, 2011 / 11:39 PM / 8 years ago

CPI基準改定、コア指数0.72%ポイント押し下げ=内閣府

 [東京 22日 ロイター] 内閣府は22日に公表した2011年度の年次経済財政報告(経済財政白書)で、8月に行われる消費者物価指数(CPI)の基準改定では、生鮮食品を除いたコアCPIが2011年1―6月の平均で0.72%ポイントの押し下げになるとの試算をまとめた。

 石油製品・その他特殊要因を除いたコアコアCPIは同0.79%ポイントの押し下げ。内閣府では、品目入れ替えや基準年変更による影響などを踏まえて機械的に算出したとしている。

 総務省が現在発表しているCPIは、2005年を100.0として算出。5年ごとに基準を改定しており、今年8月に指数算出の基準年を2010年に変更する。民間エコノミストの間では、今回の改定で0.7─0.9%ポイント程度の押し下げを予想する声が多く上がっている。

 総務省は8月12日に新基準で算出し直した10年1月から11年6月までの指数を、26日に新基準で7月の指数を発表する予定。05年に改定した際の押し下げは0.5%ポイント程度だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below