July 28, 2011 / 4:07 AM / 8 years ago

くりっく365は人民元などアジア通貨上場、投資家引き留め狙う

 [東京 28日 ロイター] 東京金融取引所が運営する外国為替証拠金取引(FX)のくりっく365は、8月1日に中国人民元/円、韓国ウォン/円、インドルピー/円のアジア3通貨ペアを上場する。

 7月28日、くりっく365は中国人民元などアジア3通貨を上場する。写真は昨年4月、台北の銀行で(2011年 ロイター/Nicky Loh)

 同日からのレバレッジ規制強化に対応、成長力のある新興国通貨を加えて個人投資家の引き留めを狙う。ただ、導入する3通貨ペア商品は金利差をねらった取引には利用しにくいという面もあり、個人客取り込みにはなお課題が残りそうだ。

 東京市場で取引されているアジアなど新興国通貨の中では、韓国ウォン、中国人民元、インドルピーが取引量のトップスリーを占める。くりっく365が上場するのは、この3通貨のクロス円ペアだ。経済成長が著しく金利水準も高いこれらの国の通貨に対して、個人の関心も高まっているという。

 これら3通貨に限らずアジア通貨には通貨規制が強いケースが多く、現地以外での取引は先物を予約した際のレートと満期時のスポットレートの差額をドルなどで決済するNDF(ノン・デリバラブル・フォワード)が主流。このため、同社が新たに上場するアジア3通貨ペアも、他通貨ペアのように単純に通貨を取引するのではなく、NDFを利用した商品になる。くりっく365に参加するマーケットメーカー(内外の大手金融機関6社)が3通貨ペアのレートを顧客に提示し、顧客から受けたポジションをNDFによってヘッジする仕組みだ。

 中国元などアジア通貨を扱うFX会社は少ないが、FX取引量の多いくりっく365が扱いを開始することで、アジア通貨へのアクセスのパイプが太くなるとみられている。8月1日からレバレッジ規制が強化され個人のFX取引のコストは高くなるが、一方で投資の選択肢も広がることになる。

 <高金利の中国元、スワップポイントは支払いのケースも>

 ただ、NDFには取引上の制約がある。たとえば、取引時間にはついては、くりっく365は基本的には24時間取引が可能だが、アジア3通貨の取引はNDFが取引される時間に限られるため、早朝から数時間、取引できない時間帯ができる。

 また、NDFは相対取引で、参加者も限られる。このためプライスが変動しやすく、需給が片寄れば市場実勢を必ずしも反映しない価格形成になることもありうる。NDFは先物がからむため、参加者の相場観が反映されて値動きが不安定になる可能性もある。

 こうした取引上の制約は、金利の異なる通貨を取引したときの金利差相当額であるスワップポイントへの制約になる。円のような金利の低い通貨を売って豪ドルのような金利の高い通貨を買う「豪ドル/円の買い」を行うと、日本とオーストラリアの金利差をスワップポイントとして受け取ることができる。証拠金取引を行う個人に「豪ドル/円」人気が高い理由のひとつがスワップポイントだ。

 インフレに悩むアジア新興国は一般に金利水準が高い。たとえば、中国は今年だけでも3回利上げしており、政策金利である1年物預金金利は3.5%に引き上げられている。一方で、日銀によれば、日本の1年物預金金利はメガバンクのスーパー定期預金(預入金額300万円未満)で0.030%程度。「人民元/円」の買いポジションをたてれば、本来はこの金利差分がスワップポイントとして受け取れるはずだ。しかし、実際に取引した場合は、中国元の先高感がNDFに反映されるため、スワップポイントの支払いになるケースも多そうだという。

 アジア新興国の取引規制が緩和され、アジア3通貨の市場が拡大すれば、マーケットメーカーはNDFでなくスポット取引でヘッジすることができ、その分、顧客に提示するレートやスワップポイントも安定する。

 くりっく365では、アジア3通貨については先駆的な上場と位置付けている。東京金融取引所執行役員の中島雅之氏は、「早い段階で、取引が爆発的に伸びるとはみていない。主要4通貨(米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル)級の取引は難しいだろう。まずはNZドルクラスの商品に育てる」と話す。

 市場からは「とりわけ中国元については、中国が政策的に切り上げていくとの期待が強い。このため、スワップポイントに頼らず、元高期待から長期スタンスで投資したいという需要はあるのではないか」(みずほ証券の為替アナリスト、鈴木健吾氏)との声も出ている。

 (ロイターニュース 松平陽子 編集 北松克朗)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below