July 28, 2011 / 9:28 AM / 8 years ago

JTがスーダンのたばこ大手買収へ、成長市場での展開を強化

 7月28日、JTは2011年11月をめどに、スーダン共和国および南スーダン共和国で事業を展開している大手たばこ会社を買収すると発表。写真はJT本社(2011年 ロイター/Toshiyuki Aizawa)

 [東京 28日 ロイター] 日本たばこ産業(JT)(2914.T)は28日、2011年11月をめどにスーダン共和国および南スーダン共和国で事業を展開している大手たばこ会社ハガー・シガレット&タバコ ファクトリーを買収すると発表した。買収金額は4.5億米ドル(約350億円)。

 買収資金はJTグループの手元資金および既存借入枠内での借入で充当するという。

 ハガー社は、2010年に45億本を販売しスーダンでは80%超のシェアを有している。武田宗高副社長は「アフリカを含む新興国地域は、今後の成長が大きく見込まれる。そこに事業基盤を構築していくことは、今後、着実に企業が成長を遂げていくためには大きな支えになる」と買収の意義を語った。

 現在、JTはアフリカに2工場を有しており、これにハガー社の2工場が加わることになる。JTにとってスーダンは、これまで、輸出を含めて進出していない国のひとつだった。

 国内のたばこ市場が縮小するなか、同社は、海外での事業展開を進めている。2012年3月期の連結売上高2兆4460億円のうち、国内たばこ事業は1兆0230億円、海外たばこ事業は9930億円の見込み。販売数量では、国内1020億本に対し、海外は4280億本を計画している。

 (ロイターニュース 清水 律子;編集 田中 志保)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below