July 29, 2011 / 5:27 PM / 8 years ago

S&Pがキプロスを格下げ 不十分な歳出削減策を理由に

 [ニューヨーク 29日 ロイター] 米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は29日、キプロスの長期外貨格付けを1段階引き下げ「BBBプラス」とした。

 格付けの見通しは「ネガティブ」を維持した。

 S&Pは引き下げの理由として、キプロスは歳入減に直面しているにもかかわらず、歳出削減へ取り組みが不十分であることを挙げている。 

 他の格付け会社のキプロスの格付けは、ムーディーズが「Baa1」、フィッチが「Aマイナス」。ムーディーズはS&Pと同水準、フィッチはS&Pより1段階上となる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below