July 30, 2011 / 4:07 AM / 8 years ago

米格付け見直し、「トリプルA」据え置きも=ムーディーズ

 7月29日、ムーディーズ・は、米国の格付け見直しでは、「トリプルA」格付けが据え置かれる可能性が高いとの見解を示した。写真は債務上限引き上げ問題で声明を発表したオバマ大統領(2011年 ロイター/Jason Reed)

 [ニューヨーク 29日 ロイター] 格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは29日、米国の格付け見直しでは、「トリプルA」格付けが据え置かれる可能性が高いとの見解を示した。

 ただ見通しは「ネガティブ」となる公算が大きいと警告した。これは格下げが差し迫ってはいないものの、中期的にはその可能性が残っていることを示している。

 ムーディーズはこれに関して、デフォルト(債務不履行)回避期限とされる8月2日までに連邦債務上限が引き上げられなかった場合でも、政府が国債の支払いを優先するとの予想されるシナリオに基づいていると説明した。

 同社は「8月2日までに債務上限が引き上げられなかった場合でも、政府は債務の支払いを優先し、デフォルトの可能性を何日か先延ばしすることが可能だと確信している」と指摘。「当面の支払い履行には十分な歳入を確保しているとみられる。だがその結果、その他の支払いは大幅に削減されるだろう」とした。

 一方でムーディーズは、米国がデフォルトした場合、「迅速に対処され、投資家が恒久的な損失を全く負わなかった」場合でも、格下げされる可能性が高いとした。

 ムーディーズは、8月2日以降、最初の利払いが発生する8月15日まではデフォルトは起こらないとの見方を示した。

 8月4日には590億ドルの米短期国債(Tビル)が償還を迎えるが、Tビルの国内外の金融市場で果たす役割を考慮すれば、借り換えできない状況に陥る可能性は低いとしている。

 ムーディーズのアナリスト、スティーブン・ヘス氏は、ロイターとのインタビューで、格下げするかどうかは、2012年の米経済成長と今後の赤字削減に向けた取り組みを考慮して決定するとした。 

 またリチャード・カンター最高リスク管理責任者(CRO)は、今回の声明について、米格付けに対するムーディーズの立場を明確にすることが目的と説明している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below