August 4, 2011 / 6:22 AM / 6 years ago

米グーグルがマイクロソフトなど批判、「アンドロイドを妨害」

 [ロサンゼルス 3日 ロイター] 米グーグル(GOOG.O)のドラモンド最高法務責任者(CLO)は3日、マイクロソフト(MSFT.O)などライバル各社が共同戦線を張ってスマートフォン市場でグーグルの追い落としを画策している、として強く非難した。ブログへの投稿で述べた。

 ドラモンド氏は、マイクロソフトのほかアップル(AAPL.O)、オラクルORCL.Oおよび「その他の企業」が、特許を買い占めることによってグーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を妨害しようと共謀している、と主張している。特許を買い占めれば、消費者にとってコストの増加になるほか、技術革新の阻害につながる、と警戒感を示した。

 同氏は「マイクロソフトとアップルはこれまでは、常にいがみ合ってきた。それが手を結べば、その意図を疑わざるを得ない」と述べ「マイクロソフト、オラクル、アップルおよびその他企業による、特許を利用した、反アンドロイドの敵対的・組織的キャンペーンだ」と主張した。 

 マイクロソフトとアップルは最近、ソフトウエアメーカーのノベルと、破綻した通信機器会社ノーテル・ネットワークスNRTLQ.PKの特許を、同で取得した。グーグルは、ノーテル特許の入札で競り負けている。

 同氏は「グーグルに特許を取得させないことが目的だ」と強調した。

     マイクロソフトの法務顧問はツイッターで「ノベルの特許取得の際には、われわれはグーグルに共同提案を持ちかけたが、グーグルは拒んだ」と反論した。アップルとオラクルの担当者はコメントを拒否した。 

     グーグルはスマートフォン市場で快進撃を続けているが、ワイヤレス技術分野での保有特許が少ないため、訴訟のリスクにさらされている。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below