for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米国民82%が議会「支持しない」、債務問題交渉に不満=世論調査

 8月5日、米ニューヨーク・タイムズ紙とCBSニュースが実施した世論調査によると、議会を支持しないとの回答が過去最高の82%に達した。写真はワシントンの連邦議会議事堂。1日撮影(2011年 ロイター/Joshua Roberts)

 [ワシントン 4日 ロイター] 米ニューヨーク・タイムズ(NYT)紙とCBSニュースが実施した世論調査によると、議会を支持しないとの回答が過去最高の82%に達した。債務上限引き上げをめぐる民主・共和両党の対立が長期間続いたことが響いたとみられる。議会を支持するとの回答はわずか14%にとどまった。

 議会に対する不支持率は、過去34年間にわたる調査で最高となった。これまでの最高は2010年5月の77%だった。

 債務上限引き上げ問題については、72%が共和党の対応を支持しないと回答。一方、民主党の対応を支持しないとの回答は60%だった。

 さらに調査では、今回の対立について、国家にとって何が最良であるかに基づく行動ではなく、政治的な駆け引きが目的だったと受け止めている回答者が82%に達した。

 交渉をめぐるオバマ大統領の対応については、「支持しない」との回答が47%、「支持する」は46%だった。大統領に対する全体的な支持率は、48%で横ばいだった。

 調査は2―3日、全米の成人960人を対象に電話で実施された。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up