for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

韓国サムスンのタブレットPC、独裁判所がEU内での販売差し止め命令

 8月10日、ドイツの裁判所が米アップルによる韓国サムスンの特許侵害訴訟で、オランダ以外のEU域内でサムスンの最新タブレットPC「Galaxy Tab 10.1」の販売差し止めを9日に命じたことが明らかに。ソウルで7月撮影(2011年 ロイター/Jo Yong-Hak)

 [ソウル/サンフランシスコ 10日 ロイター] ドイツの裁判所は9日、米アップルAAPL.Oによる韓国サムスン電子005930.KSの特許侵害訴訟で、オランダ以外の欧州連合(EU)域内でサムスンの最新タブレットPC「Galaxy Tab 10.1」の販売を差し止めるよう命じた。 

 スマートフォンやタブレット端末をめぐりアップルと訴訟合戦を繰り広げるサムスンにとって、2度目の大きな敗北となる。オーストラリアでは、同様の訴訟でタブレットPCの販売延期を余儀なくされている。 

 サムスンは10日、独裁判所の命令について「失望した」とコメント。

 「差し止め申請について当社には何の連絡もなく、裁判所の命令も審問や当社からの証拠提示もないまま出された。当社の革新的な携帯通信機器を欧州および世界の顧客に届けることができるよう、必要なあらゆる措置を講じる」との声明を発表した。 

 アップルの広報担当者は、独デュッセルドルフの地方裁判所が仮差し止めを認めたことを確認した。

 アップルはサムスンのギャラクシーシリーズがアップル製品のあからさまなコピーと批判し、米国やオーストラリアなど各国でサムスンを提訴。サムスンも逆提訴に踏み切っており、両社の訴訟合戦は激しさを増している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up