August 12, 2011 / 5:27 AM / in 8 years

サッカー=頭部銃撃の元パラグアイ代表FW、ピッチで元気な姿

 8月11日、サッカーの元パラグアイ代表FWサルバドル・カバニャスが、頭部に銃撃を受けて以降初めてピッチに復帰した。10日撮影(2011年 ロイター)

 [メキシコ市 11日 ロイター] サッカーの元パラグアイ代表で、昨年1月に頭部に銃撃を受けたFWサルバドル・カバニャスが10日、約1年7カ月ぶりにピッチへの復帰を果たした。

 パラグアイ代表とカバニャスが所属していたクラブ・アメリカ(メキシコ)が、カバニャスの復帰を祝う試合をメキシコで開催。カバニャスはこの試合、前半にクラブ・アメリカの選手として8分間、後半にパラグアイ代表として10分間プレーし、2010年1月17日以来のピッチへの復帰を果たした。

 カバニャスは昨年1月、メキシコ市内のバーで頭部への銃撃を受け、病院に搬送された。一命を取りとめて無事退院した同選手は、その後復帰を目指してリハビリ生活を送っていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below