August 15, 2011 / 7:27 AM / 9 years ago

シリア軍がデモ弾圧に艦船からも攻撃、26人死亡=人権団体

 8月14日、シリア北西部の主要港湾都市ラタキアで、海軍の軍艦が砲撃するなどして、2歳児を含む市民26人が死亡(2011年 ロイター)

 [アンマン 14日 ロイター] シリア北西部の主要港湾都市ラタキアで14日、地中海沖から同国海軍の軍艦が砲撃するなどして、2歳児を含む市民26人が死亡した。住民や人権団体らが明らかにした。

 アサド政権は、今月1日にラマダン(断食月)入りした後、同市を含むシリア各地で反政府デモへの弾圧を強化している。

 同市では約3カ月前から、デモ弾圧のために政府軍の戦車が投入されていた。ラマダンに入ってからは夕方の礼拝後に連日、約2万人規模の反政府デモが行われていたという。

 ある目撃者はロイターに対し、2隻の艦船が確認できたとし、「ラタキアで反政府デモが起きて以来、最も激しい攻撃だった。窓から顔を出そうものなら撃たれていた」と語った。

 一方、国営通信社は、ラタキアが軍艦により砲撃されたことを否定。住民に危害を加えていた武装集団を部隊が追跡中、警官2人と男4人が死亡したと伝えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below