August 16, 2011 / 4:32 AM / 7 years ago

サッカー=チェルシーのミケル、誘拐された父親の解放願う

 8月15日、サッカーのイングランド・プレミアリーグ、チェルシーに所属するナイジェリア代表MFジョン・オビ・ミケルが、誘拐された父親の解放を願っている。写真は昨年1月撮影(2011年 ロイター/Mike Hutchings)

 [ロンドン 15日 ロイター] サッカーのイングランド・プレミアリーグ、チェルシーに所属するナイジェリア代表MFジョン・オビ・ミケル(24)は、誘拐された父親の解放を願っている。

 ミケルの父親は12日にナイジェリア中部のジョス市で誘拐されて以来、消息が分からなくなっている。

 ミケルは15日、英スカイスポーツのインタビューで「父を拘束している犯人、または彼の居場所を知っている人からの連絡を待っている」と、情報提供を呼びかけた。

 さらに「自分が知るかぎり、父は何も悪いことはしていない。お願いだから解放してほしい」とも述べた。

 ジョス市ではキリスト教徒とイスラム教徒による抗争が頻発しており、15日にも若者と軍が衝突。少なくとも10人の死者が出たという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below