August 17, 2011 / 6:31 AM / 8 years ago

米アップル、シャープ亀山工場に10億ドル投資の可能性=アナリスト

 8月17日、アナリストによると、米アップルは、「iPhone(アイフォーン)」や「iPad(アイパッド)」に使うスクリーンの安定供給を確保するため、シャープの亀山工場に10億ドル(約766億円)を投資する可能性がある。写真はアップルのロゴ。ニューヨークで1月撮影(2011年 ロイター/Mike Segar)

 [東京 17日 ロイター] 米アップル(AAPL.O)は、携帯電話「iPhone(アイフォーン)」やタブレット型端末「iPad(アイパッド)」に使うスクリーンの安定供給を確保するため、シャープ(6753.T)の亀山工場に10億ドル(約766億円)を投資する可能性がある。MFグローバルFXA証券が17日、顧客向けリポートで指摘した。

 同社調査部アナリストのデービッド・元三・ルベンステイン氏は、リポートで「iPhoneとiPad向けスクリーンの安定的な調達のため、アップルがシャープの亀山工場に約10億ドル規模の投資を行う可能性は高い」と指摘。「シャープの採算性に大きなインパクトを与えるだろう」としている。

 この件について、夏季休業中のシャープからのコメントは今のところ得られていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below