August 24, 2011 / 4:32 AM / in 8 years

サムスンがスマートフォン新機種発表、新興市場でシェア拡大狙う

 8月24日、韓国のサムスン電子は、スマートフォン(多機能携帯端末)「ギャラクシー」シリーズの新モデル4機種を発表。写真は2009年11月、ソウルの同社本社で撮影(2011年 ロイター/Choi Bu-Seok)

 [ソウル 24日 ロイター] 世界2位の携帯電話機メーカー、韓国のサムスン電子(005930.KS)は24日、スマートフォン(多機能携帯端末)「ギャラクシー」シリーズの新モデル4機種を発表。新興国市場でのシェアアップを目指し、主力の同シリーズをミッドレンジからローエンドの領域にも拡大した。

 競合する世界最大手の米アップル(AAPL.O)も、廉価版の「iPhone(アイフォーン)4」の市場投入に向けた準備を進めており、新興国のスマートフォン市場をめぐる競争が激化している。

 新機種は、ミドルレンジからハイエンド向けの「ギャラクシーW」、ミドルレンジの「ギャラクシー Mプロ」、ローエンド向け「ギャラクシー Yプロ」、エントリーレベル向けの「ギャラクシーY」の4つ。来月初めにドイツで開催される国際見本市に出品する予定。

 業界の統計によると、世界の携帯電話機販売でスマートフォンが占める割合は今年、金額(ドル)ベースで64%前後となる見通し。2010年は54%だった。

 サムスンでは、スマートフォン市場における価格帯200ドル未満のモデルのシェア(台数ベース)は2015年までに50%以上に達するとみている。

 同社株価は、0219GMT(日本時間午前11時19分)時点で2.8%安。1.6%安の総合株価指数(KOSPI)をアンダーパフォームしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below