for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米オレキシジェンが肥満治療薬の試験開始へ 武田が北米販売権保有

 [ニューヨーク 20日 ロイター] 武田薬品工業4502.Tと提携する米オレキシジェン・セラピューティクスOREX.Oは20日、肥満治療薬「コントレーブ」について、2012年に心臓血管への影響を調べる大規模な試験を開始することを明らかにした。

 安全性が確認できれば、2014年にも承認される可能性があるとしている。

 これを受け、オレキシジェン株は時間外取引で87%急騰した。

 米食品医薬品局(FDA)は今年1月、コントレーブについて、肥満患者が長期間服用した場合の心臓血管への影響を理由に、承認を見送り、まず「十分な規模と期間」の試験を実施する必要があるとしていた。

 武田はコントレーブの北米での販売権を保有している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up