September 26, 2011 / 7:37 AM / 8 years ago

ノーベル平和賞の「もったいない」マータイさん死去

 9月26日、ケニア出身の環境保護活動家で、2004年にノーベル平和賞を受賞したワンガリ・マータイさんが死去。写真は昨年3月撮影(2011年 ロイター/James Akena)

 [ナイロビ 26日 ロイター] ケニア出身の環境保護活動家で、2004年にノーベル平和賞を受賞したワンガリ・マータイさんが、がんを治療していたナイロビの病院で死去した。マータイさんが創設した非政府組織(NGO)「グリーンベルト運動」が26日、明らかにした。家族や最愛の人に看取られながら息を引き取ったという。

 マータイさんは、市民や女性の権利を訴える活動家でもある一方、国会議員にも当選し、環境副大臣も務めたことがある。獣医解剖学の博士でもあり、1980年代から90年代にかけてケニアでの森林伐採に反対する運動を行い、国際的にも名前が知られるようになった。

 また、日本語の「もったいない」という言葉を世界に広めたとして、2009年には旭日大綬章を受賞している。

 「グリーンベルト運動」はウェブサイトで「彼女の死は、知人はもとより、彼女の活動を尊敬する全ての人たちにとって大きな喪失だ」とコメントしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below