October 4, 2011 / 1:42 AM / 8 years ago

ノーベル賞の故スタインマン教授「発表まで持ちこたえる」

 10月3日、スウェーデンのカロリンスカ研究所は、今年のノーベル医学生理学賞を免疫に関する重要発見をした3氏に授与すると発表。写真は発表直前に死去していたことが判明した米ロックフェラー大学のラルフ・スタインマン教授。提供写真(2011年 ロイター)

 [ニューヨーク/ストックホルム 3日 ロイター] スウェーデンのカロリンスカ研究所は3日、今年のノーベル医学生理学賞を免疫に関する重要発見をした3氏に授与すると発表した。このうち、米ロックフェラー大学のラルフ・スタインマン教授が既に死亡していることが直後に判明したが、ノーベル財団は同教授の受賞を取り消さない決定を下した。

 受賞したのはスタインマン氏のほか、米スクリプス研究所のブルース・ボイトラー教授と仏ストラスブール大学のジュール・ホフマン教授。

 スタインマン氏は4年前から膵臓(すいぞう)がんを患っており、先月30日に68歳で亡くなったが、死去の事実は3日の発表から数時間後にノーベル委員会に知らされた。

 娘のアレクシスさんは、スタインマン氏が1週間前に入院した際、ノーベル賞について話したところ、同氏は「それまでに持ちこたえないと。死んでしまったら、賞はもらえないから」と、冗談めかして語っていたという。

 また、スタインマン氏が勤務していたロックフェラー大の研究所で責任者を務めるサラ・シュレシンジャー氏は、「彼は受賞通知を心待ちにしていた」と語り、受賞直前の死去を悔やんだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below