October 5, 2011 / 12:06 AM / 8 years ago

ソマリア首都でイスラム過激派が車爆弾、学生ら70人以上死亡

 10月4日、ソマリアの首都モガディシオ中心部で、爆弾を積んだトラックが爆発し、70人以上が死亡した。写真は爆発現場付近(2011年 ロイター/Omar Faruk)

 [モガディシオ 4日 ロイター] ソマリアの首都モガディシオ中心部で4日、爆弾を積んだトラックが爆発し、70人以上が死亡した。国際武装組織アルカイダと関連があるイスラム過激派アルシャバブが犯行声明を出した。

 爆発があったのは暫定政府の教育省ビル近くで、試験の結果発表を待っていた多くの学生らが犠牲になったという。負傷者も約150人に上り、アハメド大統領は「残酷で非人道的な暴力行為」と、犯行を非難した。

 アフリカ連合(AU)の平和維持部隊によると、燃料が入ったドラム缶を積んだトラックが、暫定政府ビル付近にあった検問所に衝突してきたという。

 事件後、アルシャバブの報道官は記者団に対し、「さらに深刻な爆発を起こす」と語り、市民らに暫定政府ビルや軍基地に近づかないよう警告した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below