October 13, 2011 / 6:07 AM / 9 years ago

TPPが「次の山」、安住財務相がルース駐日米大使に表明 

 10月13日、安住財務相は、ルース駐日米大使と会談し、環太平洋連携協定(TPP)が復興増税に続く「次の山」だと述べ、交渉参加問題が野田佳彦政権の大きな課題との認識を示した。都内で9月撮影(2011年 ロイター/Yuriko Nakao)

 [東京 13日 ロイター] 安住淳財務相は13日昼、ルース駐日米大使と会談し、環太平洋連携協定(TPP)が復興増税に続く「次の山」だと述べ、交渉参加問題が野田佳彦政権の大きな課題との認識を示した。

 財務相は会談で、復興へ向け法人・所得税の引き上げ法案を取りまとめたと紹介。野田政権の次の課題として、TPPへの交渉参加問題を挙げたという。

 また、欧州問題に関しては、金融機関の資本増強が必要だとした上で、救済策を野球になぞらえ、日米ともに「1回表から出場する選手ではない」と指摘。まずは欧州の自助努力が必要との認識を重ねて表明した。同時に、今回のギリシャ問題で通貨統合のマイナス面が露呈したとの見方も示した。

 会談はルース大使が財務相就任後の表敬として申し入れ、この日11時半から40分程度行われた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below