October 13, 2011 / 7:12 AM / 7 years ago

豪裁判所がサムスン新型タブレット販売の仮差し止め、アップル勝利

 10月13日、サムスンの新型タブレット端末「Galaxyタブ10.1」の販売差し止めを求めていた裁判で、豪連邦裁判所は、アップルの訴えを認め、同製品の販売の仮差し止めを言い渡した。ソウルで7月撮影(2011年 ロイター/Jo Yong-Hak)

 [シドニー 13日 ロイター] 米アップル(AAPL.O)が韓国のサムスン電子(005930.KS)による特許侵害を訴え、オーストラリアでサムスンの新型タブレット端末「Galaxy(ギャラクシー)タブ10.1」の販売差し止めを求めていた裁判で、豪連邦裁判所は13日、アップルの訴えを認め、同製品の販売の仮差し止めを言い渡した。

 仮差し止め命令は、両社が争う特許問題について同連邦裁判所が最終的な判断を下すまで適用される。最終判決までには数カ月かかる可能性があり、「ギャラクシータブ」のオーストラリアでの販売はクリスマス商戦に間に合わない可能性がある。 

 訴訟を担当するアナベル・ベネット判事は法廷で、「仮差し止め命令を出したことは適切だと考えているが、今回の訴えで提示された問題に関する最終審問を早期に開くことを再度提案する」と述べた。 

 サムスンは、今回の判決を不服として控訴する可能性を示唆し、サムスンがアップルに対して起こしているワイヤレス技術に関する特許訴訟を継続する方針を示した。同社は声明で「われわれは今回の判決に失望しており、今後の選択肢については法的な助言を受けるつもりだ」と表明。「当社の革新的製品を消費者に届けられるよう、アップルに対する訴訟手続きを継続する」としている。

 アップルとサムスンは、スマートフォン(高機能携帯電話)とタブレット端末の特許をめぐり、4月以降、世界10カ国で訴訟合戦を展開。アップルは訴訟の結果、ドイツでサムスン製タブレット端末の販売差し止め、オランダではサムスンの一部スマートフォンの販売差し止めを勝ち取っている。今後、米国と韓国でも両社の特許訴訟で重要な審問が控えている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below