Reuters logo
L・ローハンの保護観察取り消し、再収監の可能性も
2011年10月20日 / 03:27 / 6年前

L・ローハンの保護観察取り消し、再収監の可能性も

 [ロサンゼルス 19日 ロイター] 米ロサンゼルスの裁判所は19日、女優リンジー・ローハン被告(25)の保護観察処分を取り消した。ローハン被告は今年2月、保護観察期間中に宝飾店からネックレスを盗んだとして、480時間の社会奉仕活動を命じられていたが、21時間しか遂行していなかったことが理由。

 10月19日、米ロサンゼルスの裁判所は、女優リンジー・ローハン被告の保護観察処分を取り消した。代表撮影(2011年 ロイター)

 ロス地裁のステファニー・ソートナー判事は、保護観察処分は「贈り物」だったのに、ローハン被告は「その贈り物にけちをつけた」と批判。弁護側は、被告が心理カウンセリングを受けるなど、前回の判決に概ね従っていたと主張したが、聞き入れられなかった。

 被告は手錠をつけられた状態で法廷から連れ出されたが、その後10万ドル(約770万円)の保釈金を払って即日保釈された。

 保護観察条件に違反したかどうかの審理は11月2日に行われる。検察側が違反を立証すれば再び収監されることになる。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below