October 22, 2011 / 5:38 AM / 7 years ago

カダフィ大佐の死因は調査必要、「即時処刑は違法」=国連

 10月21日、国連人権高等弁務官事務所は、リビアの元最高権力者カダフィ大佐が死亡した経緯について、詳しい調査を行う必要があるとの見解を示した。写真はカダフィ大佐の死亡を伝える紙面を展示した博物館(2011年 ロイター/Hyungwon Kang)

 [ジュネーブ 21日 ロイター] 国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)は21日、リビアの元最高権力者カダフィ大佐が死亡した経緯について、詳しい調査を行う必要があるとの見解を示した。大佐が意図的に殺害された可能性もあるとしている。

 携帯電話の映像などから、カダフィ大佐は拘束直後には生存していたことがわかっているが、正確な死因は依然として明らかになっていない。

 ジュネーブ条約では捕虜などに対する拷問や処刑を禁じており、OHCHRのルパート・コルビル報道官は「即時処刑はいかなる場合でも違法。戦闘中に死亡することとは異なる」と指摘。カダフィ大佐が処刑されたかどうかは「1つの可能性」として排除しなかった。

 リビアのジブリル暫定首相は、カダフィ大佐は銃撃戦に巻き込まれて死亡したと発表しており、遺体を調べた医師によれば、腹部への銃弾が致命傷になったという。

 しかし一方で、同国を暫定統治する国民評議会(NTC)のある高官は、「大佐は連行される際に、(反カダフィ派の兵士に)殴られ、そして殺された」と話しており、死亡した経緯については情報が錯そうしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below