October 25, 2011 / 7:42 AM / in 8 years

世界で最もオフィス賃料の高い都市は香港、東京は4位

 10月24日、不動産コンサルタントのコリアーズ・インターナショナルが発表した2011年上半期の調査で、オフィス賃料が世界で最も高い都市は香港であることが明らかに。写真は8月に香港で撮影(2011年 ロイター/Bobby Yip)

 [香港 24日 ロイター] 不動産コンサルタントのコリアーズ・インターナショナルが24日発表した2011年上半期の調査で、オフィス賃料が世界で最も高い都市は香港であることが明らかになった。東京は4位だった。

 調査によると、香港では高級オフィスビルの6月末時点の貸料が1平方フィート当たり平均213.70ドル(約1万6300円)となり、昨年12月末時点からは11.3%、前年同期比では32.3%の上昇となった。香港は前回調査時でも賃料が最も高く、向こう12カ月間でも引き続きトップとなる見通しだという。

 今年6月末時点で2番目に賃料が高かったのはロンドン(ウエストエンド)で同150.20ドル。3位はパリで同111.92ドルだった。4位以下は東京、ロンドン(シティー)、リオデジャネイロ、シンガポール、パース、サンパウロ、ジュネーブの順に続いた。

 香港はオフィス空室率が3.7%とアジア地域で最も低かった一方で、建設中のオフィス・スペースは45万6225平方フィートと、中国・広州の3130万平方フィートを大きく下回っており、近い将来に需給ひっ迫状況が緩和する可能性は低いとみられる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below