November 7, 2011 / 5:28 AM / 9 years ago

焦点:イタリア財政立て直し、ベルルスコーニ政権下では不可能

 [ローマ 4日 ロイター] イタリアのベルルスコーニ首相は今後数週間、財政健全化に向けた重要な議会採決を控えている。首相の指導力不足への批判が与党内でも高まるなか、首相がこれを乗り切ったとしても、同国がユーロ圏債務危機の深みにはまり込むのは避けられない。

 11月4日、イタリアのベルルスコーニ首相(右)は今後数週間、財政健全化に向けた重要な議会採決を控えている。カンヌで撮影(2011年 ロイター/Dylan Martinez)

 ユーロ圏加盟国と金融市場は、イタリアに対して、厳しい改革の要求を突き付けている。痛みを伴う改革を実施するのは、結束力のある与党が安定多数を占め、指導力に優れたリーダーが率いるような国にとってすら、困難を極めるものだが、今のイタリアの状況はこれと全く逆だ。

 一方で、もしベルルスコーニ首相が退陣し、官僚など非政治家で構成するいわゆる「テクノクラート政権」が発足すれば、財政立て直しに必要な改革が実施される可能性が高まるかもしれない、との見方もある。 

 ベルルスコーニ首相はこれまで、議会で大幅な過半数を押さえていたときでも不人気な改革を避けがちだった。今では辛うじて過半数を確保している状況であり、連立与党はまとまりがなく、イタリアの国債利回りの急伸より選挙対策にばかり気を取られているようなありさまだ。

 イタリアに対しては、解雇規制の緩和、気前の良い年金制度の見直し、資産税の導入、一部専門職の開放などの改革が求められているが、現在のままでは実行される可能性はまったくないと言わざるを得ない。

 債務関連のコンサルタント会社、スピロ・ソブリン・ストラテジーのディレクター、ニコラス・スピロ氏は「イタリアに要求されている財政・構造改革は、今の政権の下では、とうてい無理だ」と指摘した。

 ベルルスコーニ首相はフランス・カンヌの20カ国・地域(G20)首脳会議で国際通貨基金(IMF)による監視を受け入れたが、市場は首相が改革を実行するとは考えていない。首相が国内で支持者の激しい反発に直面すれば、改革にしり込みすることは火を見るより明らかだ。 

 <テクノクラート政権が改革への唯一の道> 

 こうしたなか、イタリアが必要な改革を実施する唯一の道は、テクノクラート政権の誕生だとする見方が、イタリア国内外で高まっている。テクノクラート政権であれば再選の心配をする必要がなくなるからだ。

 バークレイズ・キャピタルのアナリスト、ファビオ・フォイス氏は「歴史を振り返ってみると、イタリアのテクノクラート政権は、政治的に難しい労働市場の改革を含めて、構造改革を実施している」と話す。

 1990年代初頭のチャンピ首相、ディーニ首相らの政権はテクノクラート政権だった。当時の市場は、今よりも深刻な危機に見舞われていたが、テクノクラート政権は、イタリアを危機から救うことができた。 

 <ベルルスコーニ政権崩壊なら、伊国債のスプレッド縮小へ> 

 ベルルスコーニ首相の信頼感は地に落ち、今では問題そのものとなった。首相が改革の実施を発表しても、市場は信じないだろう。たとえ首相が改革を望んだとしても、今の連立政権ではそれは不可能な情勢だ。

 サルコジ仏大統領は3日、記者団に対して、イタリアの財政健全化策の内容よりも、それが実行されるのかについて心配していると語った。 

 イタリア下院は8日に財政関連法案の採決を行う。中道左派の野党は、8日の法案が可決されても不信任案を上程する意向を示している。

 ベルルスコーニ政権崩壊なら、市場にはプラスとの見方も出ている。

 ロイターがファンドマネジャー、エコノミスト、ストラテジストら10人を対象に聞き取り調査したところ、政権が崩壊すれば、イタリア国債利回りの対独連邦債スプレッドは1%ポイント縮小する見通しだ。

 (Gavin Jones記者;翻訳 吉川彩;編集 内田慎一)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below